必ず加入しなければいけない自賠責保険

車やバイクを購入した場合には、必ず加入しなければいけない自賠責保険と、加入するかはその人の自由となっている任意保険があります。車の場合には通常任意保険にも加入するのが一般的ですが、バイクの場合には加入しない人もいます。では、自賠責保険というのはどれぐらい補償してもらえるのかを見ていきましょう。自賠責保険というのは自動車損害賠償責任保険というのが正式な名称であり、加入することが義務付けられています。

よって自賠責保険に加入していない状態で車やバイクを運転すれば、当然違法となってしまうのです。加入金額もそれほど高くはないので、補償金額も限られてしまいます。しかも自賠責保険は人身事故に対する補償をしてくれる保険なので、物損事故の場合には一切補償してもらえません。主な補償範囲は3種類となっているのも特徴です。1つ目は被害者に障害を与えてしまったときの補償なのですが、この場合には治療費や損害賠償、慰謝料が補償されます。

最高額は120万円になってしまうのですが、どれぐらいの障害を相手に与えたのかによっては、120万円では足りなくなってしまうこともあるでしょう。足りない場合には実費で支払うことになるので、やはり万が一のために任意保険には加入しておくべきです。2つ目は死亡補償なのですが、相手を死亡させてしまった場合には、葬儀費や慰謝料などを最高3000万円まで補償してもらうことができます。しかし、3000万円では明らかに少ないと言えるでしょう。

最後の3つ目は相手に後遺症が残ってしまった場合の補償なのですが、この場合にも3000万円まで補償されるものの、被害者に常時介護が必要な場合に限り、最高で4000万円まで補償されます。これでは明らかに少ないので、きちんと補償することはできないでしょう。このように必要最低限の補償のみとなっているのが自賠責保険なのです。もし相手が自賠責保険しか入っておらず、きちんと支払いができないとわかったら、即座に弁護士に相談をしましょう。