交通事故の加害者が保険に入っているかが重要

交通事故の被害に遭った場合には、必ず確かめておくべきことがあります。それは加害者の名前と連絡先をしっかりと聞いておくことと、保険に入っているのかを確認することです。車の場合には任意保険に加入しているのが一般的なので、入っていないという人は滅多にいないでしょうが、バイクや原付の場合には、任意保険に加入していない人もいるので注意しましょう。自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険なので、重要なのは任意保険に入っているかどうかです。

任意保険の場合には、加害者が加入している保険会社に交渉して、被害を受けた分に対する慰謝料などを支払ってもらうことが可能になるのですが、自賠責保険の場合には、被害者から連絡を取らなければいけない場合もあります。よって自賠責保険にのみ加入しているという場合には、加害者に直接被害額を請求するという方法でもよいでしょう。ただし、警察にきちんと届け出をしておくことや、万が一のときを考えて、弁護士を探しておくべきです。

さらに加害者がどのような種類の保険に入っているのかも重要になります。なぜならどれだけ保証してもらえるのかは、加害者が加入している保険の種類によっても変わってくるからです。多くの人は対人対物無制限という保険に加入しているのですが、中には支払限度額が設定されている種類の保険に加入している人もいます。ちなみに自賠責保険は対人のみ保証され、限度額が低めに設定されているので、人身事故の場合には支払いが十分行えないことが多いでしょう。

任意保険の場合にも、対人に対しては無制限の保険に加入している場合が多いので、通常はしっかりと保証してもらえるでしょうが、場合によっては対人であっても無制限になっていないことがあるため、事前に確認しておくことが大切です。保険の種類をしっかりと知っておくことで、どのように対策を練るべきなのかがわかってくるため、加害者には必ず聞いておくべきことだというのも忘れないようにしましょう。