交通事故の加害者が弁護士に依頼する場合もある

交通事故が発生して弁護士に依頼する場合には、大半は被害者が弁護士に依頼するというパターンが一般的です。しかし、中には加害者が弁護士に依頼するというケースもあるのですが、どのような場合に加害者が依頼することが多いのでしょうか。それは被害者がいつまで経っても加害者に対して慰謝料を支払うように促す場合です。すでに示談が成立しているのに、病院にかかると交通事故の後遺症だと言って慰謝料を支払うように促してくる被害者もいます。

このような場合には、やはり弁護士に相談をするべきなのですが、被害者に対してきちんと支払うべき慰謝料を支払っていない場合には仕方がないでしょう。しかし、すでに支払うべき慰謝料を支払っており、示談も成立しているのに支払いを要求してくるような場合には、脅迫に値する場合もあるので、弁護士に依頼することをおすすめします。実際にこのような相談を行う加害者もいるので、いくら加害者であっても何でも被害者の要求を呑むのはよくないでしょう。

他にも被害者による嫌がらせが酷くて相談に来るという加害者もいます。交通事故が原因で被害者が大ケガをした、もしくは被害者の家族が大ケガをしたという場合に、定期的に加害者に対して嫌がらせを行うという人もいるのです。このようなときにも弁護士に相談するとよいですし、嫌がらせの内容があまりにも酷い場合には、警察へ行って被害届を提出するという方法もあります。大半の弁護士は被害者に対して相談の呼びかけを行っています。

しかし、加害者からの相談にもきちんと応じてくれる弁護士もいるので、まずは信頼できて交通事故に詳しい弁護士を探してみましょう。また、被害者による嫌がらせの場合には、近所同士のトラブルに詳しい弁護士を探して依頼するという方法もあります。物損事故できちんと修理代を支払った場合には、日本では被害者による嫌がらせというのはあまり発生しないのですが、人身事故の場合にはこのような嫌がらせをする人もいるので、加害者だからと泣き寝入りする必要はありません。