交通事故被害者に弁護士依頼のメリットがあるか?

日本人が交通事故の被害に遭った場合、よほど大きな事故でない限り、あまり弁護士に依頼することがない理由の1つに、弁護士費用が高いということが挙げられます。人身事故でも入院が必要になるぐらいの事故や、死亡事故などでは弁護士を雇う人も多いのですが、軽いケガぐらいであれば、弁護士に依頼しないという人も多くなっています。依頼をしたとしても、保険会社がきちんと慰謝料を支払ってくれない、加害者の対応が酷いという場合のみという人が多いでしょう。

そこで被害者にメリットがある弁護士の選び方や依頼の方法などを簡単に紹介させていただきます。交通事故を起こした場合、大ケガをしてしまった場合や、死亡事故の場合には、ほぼ間違いなくかなり高い慰謝料が支払われるので、普通によい弁護士を探して依頼しても問題はありません。しかし入院の必要がなく、後遺症の心配もない場合には、弁護士に依頼してしまうと弁護士費用の方が高くなってしまうケースもあるのです。

なぜなら報酬は出来高制なので、実際に勝ち取った慰謝料を超えてしまうことはないのですが、相談料や着手金の支払いがあるため、弁護士費用の方が高くなってしまうことがあるのです。よって弁護士と契約をする前に、必ず必要な費用を聞いておくことが重要になります。成功報酬に関しても、勝ち取った慰謝料の何割と決められているのが一般的なので、聞いても答えられない、曖昧な返答しかしない場合には、その弁護士に依頼しない方がよいでしょう。

弁護士というのは信頼が第一なので、能力云々以前に信頼できない弁護士には絶対依頼しないというのが鉄則です。さらにどれぐらいの慰謝料がもらえるのかも、交通事故に詳しくて、経験豊富な弁護士であれば答えることができます。慰謝料と弁護士に支払う報酬を引いて、どれだけ自分の手元に残るのかという計算をしてから弁護士に依頼しましょう。また、通院や治療に使用する医療費などもある程度計算しておく必要があります。