交通事故の慰謝料の支払い基準を知っておく

人身事故が発生した場合、加害者は被害者に対して慰謝料を支払わなければいけないのですが、慰謝料というのはかなり高くなるので、普通に支払いを行うのは難しいでしょう。だからこそ任意保険に加入して、いざというときに備えているのです。では、慰謝料というのはどのように支払われるのかを見ていきたいと思いますが、基本的には被害者と保険会社で交渉を行います。しかし、交渉は保険会社の方が有利なので、納得がいかない場合には弁護士に依頼をするのが一般的です。

この慰謝料というのは、支払い基準がきちんと設けられているので、保険会社と交渉をする前に、支払い基準を知っておくとよいでしょう。支払い基準というのは大きく分けて3種類存在しています。1つ目は自賠責保険基準なのですが、これは自賠責保険を使用して慰謝料を支払うときに用いられる基準です。自賠責保険は、車やバイクなどを購入したときに、必ず加入しなければいけないと定められているのですが、保険金が安いこともあり、支払い額が最も安くなっています。

2つ目は任意保険基準なのですが、自賠責保険は支払い基準が同じに設定してあるのに対して、任意保険は加入する保険会社によって設定がバラバラなので、きちんと情報収集してから加入しないといけません。最も多く用いられている基準ですが、基本的にはかなり低く設定してあることが多いため、納得のいく支払いが行われないことも多いのです。だからこそ最初の方でも触れたように、弁護士に依頼する人が多くなっています。

なぜ弁護士に依頼するのがよいのかというと、保険会社とうまく交渉してくれるからというのも理由の1つですが、他にもう1つメリットがあるのです。それは支払い基準の3つ目に当たる弁護士基準での支払いが可能になるからです。弁護士基準は最も慰謝料の支払い額が高く設定されているので、弁護士に支払う費用を差し引いたとしても、より高い慰謝料をもらえる可能性があります。そのため、加害者も保険会社も弁護士には弱いと言えるでしょう。