交通事故慰謝料を増額できる弁護士の探し方

交通事故弁護士検索

交通事故が発生して弁護士に依頼する場合には、相談内容は人によって異なります。そのため、弁護士を探すときには相談内容別に検索するという方法もあるのです。

交通事故慰謝料をきちんと増額して払ってもらうために弁護士に依頼したい場合には、「交通事故慰謝料」に関して詳しい弁護士に絞って検索を行い、示談交渉を弁護士に依頼したい場合には、示談交渉に関して詳しい弁護士を検索するという方法になります。そんな簡単に検索できるのかと思う人もいるでしょう。

実際にはこのように依頼内容別に弁護士を検索できるサイトが存在しているのです。主な内容としては、先ほど紹介した示談交渉や慰謝料ですが、他にも損害賠償や過失割合、後遺症認定や死亡事故、相談が無料でできる弁護士などが一般的です。このように分けて検索をすることでも効率よく弁護士探しができるようになるでしょう。しかし、人によっては相談内容が1つだけではなく、複数存在している場合も決して珍しくはありません。

そのような場合でも全く問題はないので、依頼内容別に検索をしてみましょう。

再び例を出してみると、人身事故で被害者が死亡してしまい、慰謝料を支払ってもらいたいと思っている場合には、人身事故や死亡事故で検索を行い、なおかつ慰謝料に関しても詳しい弁護士を検索するようになります。通常このような方法で検索を行った場合、詳細内容がわかるようになっています。そのため、死亡事故や慰謝料など、複数の案件に強くて実績のある弁護士が探せるのです。

1つのことしか強くない、詳しくないようでは弁護士になれないので、大半の弁護士は交通事故全般に強いと言えるでしょう。しかし、人によって保険会社や加害者との交渉には強いけれど、後遺症に関してはあまり実績がないという人もいるのです。もちろん交通事故全般に強い弁護士もいるのですが、できれば特定の内容に強い弁護士の方がよいでしょう。弁護士事務所によっては相談料無料、着手金無料で引き受けてくれるところもあります。

事故によって内容も変わってきます。「人身事故」なのか、「物損事故」なのか?また、追突事故なのか、右直事故なのか?事故の内容によって、過失割合も変わってきますので、具体的に自分が被害に遭った事故の内容をいれて、検索してみると、その内容に強い弁護士にであえることができるのです。

後遺障害等級認定で差がでやすい

交通事故弁護士の力量の違いはどこの分野で出やすいのかといえば、つまり「後遺障害認定」です。

慰謝料には、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。また、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあり、弁護士基準が当然大きくなります。

また、この基準の差が出やすいのが後遺障害慰謝料であり、後遺障害認定される場合は弁護士依頼をするべきだと考えたほうがよいでしょう。

交通事故に強い弁護士は、医師と連携してカルテを理解するほど医学にも詳しくなっています。症状をきけば、後遺障害等級が何級が妥当であるか戦略を練ってくれます。

当然高い等級が認定されれば、後遺障害慰謝料が100万単位で上がっていきますので、被害者にとっても心強い相談相手となるのです。